Show Filters

Showing the single result

Show Filters

Showing the single result

ロードバイクの技術開発やレースの進化に伴い、1台のバイクで様々な路面やコースの状況に対応する状況が変わってきた。例えば、メジャーなツールレースでは、一流チームが様々なバイクを用意し、選手がレースのルートに応じて適切なバイクを選択できるようにしている。そのため、現在、ロードバイクには大きく分けて、軽登山用、空力用、長距離用のコンフォートバイク、タイムトライアル用の4種類があります。

もちろん、ライトクライミング、エアロダイナミクス、長距離コンフォート、タイムトライアルバイクはどれであっても同じロードバイクですが、フレームのジオメトリーやチューブの種類、パーツなどのニーズに応じて、ある一面での性能を強調して作られています。だから、空力的に優れたバイクや、軽いクライミングタイプのバイクでクライミングをしても、長距離を走れないわけではありません。

しかし、強度の高いレースでは、エリートでもある2人のライダーにとっては、車の衝撃が勝敗を左右することもあります。そのため、ライダーは、平坦な駅では空力性能の高いバイクを選んで一本勝負で戦いますが、アルペンの駅では、やはり軽量なバイクを選んで登り、勝負に出ることになります。

登山や、走行距離の多い登山ルートが好きな人は、軽いバイクの方が心労が減るので、軽い登山用ロードバイクが必要になるかもしれません。一般的には極細チューブや超軽量コンポーネントを採用しているほか、5ウェイの強化や剛性の向上などにより、ペダリング出力の低下を効果的に抑えることができます。

また、最近ではエアロも登山ロードバイクの焦点のひとつとなっており、丸型チューブラーに代わってエアロチューブラーが登場したり、露出したアライメントに代わって完全に隠れたアライメントが採用されたりしています。また、ハンドリング性能や快適性も向上し、ディスクブレーキの導入により、下り坂や全天候型のブレーキ性能も向上しています。

ディスクブレーキのロードバイクは最新のトレンド

手がしびれるほどブレーキを踏みたくない、山に挑戦するのが好きなライダーには、ディスクブレーキを搭載したロードバイクがお勧めです。ディスクブレーキは確かに重量が増えますが、現在のほとんどのロードバイクは大幅な軽量化を実現しているので、ディスクブレーキの重量増を相殺することができます。

ディスクブレーキがもたらすメリットは、ブレーキを踏む際の労力が少なくて済むだけでなく、下り坂で長時間ブレーキを踏んでも、リムが過熱したり、ブレーキスキンが摩耗してブレーキ性能に影響を与えることがありません。

登坂力の倍率

ギア比の低下とシッティングトレーニング

ギヤ比を下げることは、登山トレーニングの代表的な方法のひとつです。ギア比を下げて抵抗を増やす場合、パワーや心拍数をコントロール可能な範囲で効果的に上げるためには、回転数を維持しなければ、練習する前に爆発してしまうだけだと説明しました。同時に、自分の能力を使いこなせるだけのコントロールグループができるまでに、慣れ親しんだルートで繰り返しトレーニングを行い、段階的にプログラムをアレンジしていく必要があります。

また、ライダーなら一度は試したことがあるであろうトレーニング方法として、走行中はずっと座ったままでいることが挙げられます。これは秘密のトレーニング法ではなく、レースでも普段のライドでも、ほとんどの時間が座っているので、この姿勢で筋肉の使い方をトレーニングするのが正しいということを強調しました。もちろん、ライダーが意図的に制限された姿勢で座ることで、筋力を強くしたり、安定性を高めたりすることはできますが。

スロープ付きの自作トレーニングテーブル

平地とヒルクライムの最大の違いはライディングポジションで、前輪が上がるのでお尻が後ろにスライドし、ライダーは上半身の重力を利用してお尻を前に押し出し、平地で乗るときには使わない後ろ足を使わざるを得ないと説明した。 筋肉は 後方のハムストリングス、大臀筋、背筋のすべてが貢献して、体幹をしっかりと維持しなければならないので、真のクライミングに近い状況になります。

ウェイトで登山の筋肉を鍛える

1つ目は、全身の体幹を鍛えられるローイングマシンです。重りを上に引っ張るのはハンドルを引くのと同じで、手が内側に引っ張られると両足が外側に押し出され、自転車に乗るのと同じように、上腕二頭筋から背筋、大臀筋、大腿四頭筋、そして足首へと力がつながっていきます。

平坦な道に比べて登り坂では、足首とつま先にかかる力が非常に大きいため、怪我をしないためにも十分なサポートが必要ですが、パワーの出力を完了させるためにも必要な動作です。最後にリアフックレッグですが、リアハムストリングスは平地のライディングでは使いませんが、クライミングでは最も痙攣しやすい場所ですが、その重要性に気づかされることも多く、練習あるのみです。

体重を減らすよりも脂肪を減らす

“軽い “身体がクライミングに向いている?実際には、ここに焦点を当てているわけではありません。減量は確かに登山の負荷を軽減するのに役立ちますが、筋肉量も減ってしまっては元も子もありません。私たちは、体を軽くするためには脂肪を落とすべきだと考えました。ちょうどツール・ド・フランスの選手たちのように、すべての体脂肪が低くても筋肉が充実していて、十分なヘモグロビンと酸素の負荷があり、優れたパフォーマンスをもたらすために。

また、現在のトレンドはオールラウンダーに向かっており、クライミングの王様は他のプロジェクトでも最高であることが多い。したがって、クライミングの洗練は原点に立ち返り、より強靭な肉体を追求すべきである。体調が良くなれば、クライミングが上達しないわけがありません。”