Change Languages
カーボンバイクホイールガイド

カーボンファイバーホイール選びの完全ガイド

プロが高級なカーボンファイバーホイールを履いて走り回る中、私たちは、プロに負けない自分だけのホイールを選ぶための完全なガイドをまとめました。 早速、ご紹介しましょう。 Table of Contents ロードバイク用カーボンホイールセット カーボンロードバイクのホイールセットには様々な種類があります。これらのカーボンホイールは、軽量で耐久性があり、スピードを重視したものばかりです。以下では、ロードバイク用カーボンホイールの種類を詳しくご紹介します。 カーボン製シクロクロス/グラベル用ホイールセット シクロクロスタイヤは、その名前からもわかるように、シクロクロスバイクやグラベルバイクに装着して、シクロクロスコースでベストを尽くすことを目的としたタイヤです。この種のタイヤは、草、泥、砂、一般的な柔らかい地面など、一般的にシクロクロスコースで障害となる要因に対処できるように設計されています。また、コースの種類によってトレッドパターンが異なるのも特徴です。カーボンシクロクロスホイールのビルドタイプは、加速とパフォーマンスの別のレベルをもたらす。 カーボンシクロクロスの品種の明らかな利点の一つは、しばしば広範な設計にもかかわらず、その軽量です。これは、最終的に加速性を向上させるものであり、高架下での走行もより簡単で快適なものになるでしょう。カーボンシクロクロスのホイールセットには、空力を改善し、ハンドリングを向上させるためのエクストラワイドリムのオプションを見つけることができます。確かに、空力性能の向上はカーボンファイバータイヤの大きな魅力です。さらに、シクロクロス用のカーボンホイールセットは、実際に非常に強力で耐久性があります。というわけで、軽量で強力な性能を持つホイールセットが必要ならば、シクロクロス用カーボンホイールセットは良い選択となるでしょう。 また、グラベルバイク用のカーボンホイールセットもご用意しておりますので、グラベルバイクでの走行をより快適なものにするために、塗装やパーツをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。 650c カーボンホイールセット ロードバイクのホイールは650cか700cが主流で、700cの方が多いです。マウンテンバイクでは650cのカーボンホイールセットが一般的です。650cホイールは700cホイールよりもはるかに軽く、加速能力が高く、より急な坂道を登ることができます。 カーボンホイールセット 700c 700cのリムに装着できるタイヤは、高さも幅も大きく異なります。700cのタイヤには、22mの細いレーシングタイヤから大きなシクロクロスタイヤまで様々なものがあります。このカーボンホイールは、どんなタイヤを装着しても、より速く、よりしっかりとした走りを可能にし、プロを目指す人に最適です。 カーボンクリンチャー・ホイールセット | Clincher カーボン・クリンチャー・ホイールは、チューブラー・ホイールよりもはるかに安価です。クリンチャー・ホイールにはアウター・カーカスがあり、これによってタイヤがホイールのリムに固定されています。カーボンクリンチャーホイールは、パンクしてもタイヤ全体を交換するのではなく、チューブだけを交換することができるのが大きなメリットです。 カーボンチューブラー・ホイールセット| Tubular チューブラー・タイヤはクリンチャー・ホイールとよく似ていますが、主な違いはチューブラー・ホイールがチューブとタイヤの一体型であるのに対し、クリンチャー・ホイールは2つのパーツで構成されていることです。このホイールは、パンクした場合の交換がかなり困難ですが、パンクしなければ軽量で、他の多くのホイールよりもはるかに安価です。 カーボンチューブレスホイール | Tubeless 高価なオプションであるカーボンディスクブレーキホイールは、チューブレスタイプのカーボンホイールセットで、最高のパフォーマンスとスピードを発揮し、特に直線での走行はレースに最適です。 カーボンファットバイク用ホイールセット ファットバイクにカーボンファイバーホイールを装着すると、ライドの重量を減らすことができると同時に、素晴らしい剛性重量比を実現し、荒れた地形や時折訪れる坂道にも対応できます。これらのホイールは見た目だけでなく、正しく手入れされていれば長期間使用することができます。 カーボンMTBホイールセット 29erカーボンマウンテンバイク用ホイールセット 29erカーボンホイールセットは、特にマウンテンバイク用に設計されていますが、クロスカントリーや過酷なレースにも使用されています。これらのホイールは非常に軽量で、トレイルを登るのに最適な一方で、厳しいトレイルでもグリップを維持するために必要な剛性と強度を備えています。 27.5er カーボン・マウンテン・ホイールセット 27.5カーボンホイールはトゥイーンとも呼ばれ、マウンテンバイクに使用されています。登り坂では優れたトラクションとスピードを発揮し、下り坂ではホイールの剛性を犠牲にして完全なコントロールを可能にするように設計されています。 市販されている有名なホイールブランド このパートでは、プロが信頼してツアーに参加している、市場で最も人気のあるホイールブランドを紹介します。自分の好みがあるかもしれませんが、これらのブランドをチェックすれば、自分に合ったホイールが見つかるかもしれません。 Enveカーボンホイールセット アメリカで製造されているEnveホイールは、すべてのカーボンファイバーホイール技術の頂点に位置しています。Enveホイールは、最高品質のカーボンファイバーを使用しており、堅牢かつ高速でありながら、様々なサイクリングイベントで勝利するためのパフォーマンスを一貫して提供しています。 Zippカーボンホイールセット 性能の金字塔とも呼ばれるZippのカーボンファイバーホイールは、特に空力特性において市場で最も優れた製品の一つです。ロードバイク、マウンテンバイク、そしてタイムトライアルバイクにも対応しているので、きっとあなたにぴったりのZippホイールが見つかるはずです。ゴールドスタンダードの仲間入りをして、今すぐ記録を更新しましょう。 Rovalカーボンホイールセット 徹底的な実走テストと特殊な風洞試験を経て、ローバルカーボンファイバー製ホイールセットが登場しました。Rovalホイールは、最も空気力学的に優れたホイールセットの一つと考えられており、Zippや他の多くのハイエンドメーカーに対抗できるものです。 GIANTカーボンホイールセット GIANTカーボンファイバーホイールセットは、MTBだけでなくロードやその他の様々な分野でも使用できるように設計されています。レーサーを念頭に置いて設計されたジャイアント・カーボン・ホイールセットは、ハンドリングを犠牲にすることなくスピードを提供するとともに、ペダルを踏み込んだときのレーシングパフォーマンスを向上させます。 Boydカーボンホイールセット Boydのホイールセットの中で最も人気があるのが、カーボンクリンチャーです。あらゆる性能を考慮して設計されたカーボンクリンチャーは、クライミングに最適で、ロードレースで使用するのに十分なエアロ性能を備えています。ロードバイクを始めたばかりの人も、ベテランの人も、Boydのカーボンホイールセットを選べば間違いありません。 Bontrager カーボンホイールセット “Bontrager “ホイールは、カーボンファイバーホイール市場において、かなり以前からの競合相手です。”Bontrager “は、主にAeoslusプロシリーズで知られています。耐久性の向上、最適な重量、性能の向上を目指して設計されていますが、価格はあまり高くありません。プロのサイクリストを目指している人や、ツール・ド・フランスを何度も見たことがある人に最適です。 VISIONカーボンホイールセット 1990年代にKONDAで誕生したVISIONカーボンホイールセットは、決して価格を惜しむものではありません。プロを意識して作られたVISIONカーボンホイールセットは、重量、耐久性、空力、剛性の完璧なバランスを提供し、究極の競技者のために、競合他社に負けない製品を提供している。 […]